2017年冬期アニカマスターコース募集開始のお知らせ

aso4

2017年1月から始まるアニカ・アートオブヒーリング・マスターコースの募集を開始いたします。 日程は、マスターコース日程をご覧ください。
実は11月に入ってから、私の今生および過去世のネガティブが盛大に噴出しています。 フィリップ・マクダウェルという私のネガティブ・ボスキャラ過去世をいやしてからちょうど一年たった今、なぜ、こんなにも大きなネガティブが浮上してきているのでしょう?

アニカを受けた後に、新たにネガティブな感情が浮上してくる、という経験をする方もいらっしゃいますが、ネガティブが浮上してくることは決して悪いことではなく、むしろ潜在意識が問題の原因を見せてくれている、つまり「この感情を無視しないで感じて!」とアピールしている、ということなのだと思います。 もしアニカというツールがなければ、その感情に巻き込まれて苦しむだけですが、浮上してきたネガティブな感情をアニカで処理すれば、その感情が消えるとともに、それが原因で起こっていた問題が解消されることがわかっています。 潜在意識にある大きなブロックを外したことになるので、アニカ本の体験談のように、予想もしないようなよい出来事が起こります。

自分自身のことを振り返ってみても、大きなネガティブはそのときどきで浮上してきました。それらをアニカで完全に処理した後に、これまでに起きることがなかったようなよい変化が起こることを何度も経験してきました。
今回の私が経験している巨大なネガティブ感情は、さらに徹底的に心を掃除するきっかけであり、アニカが新しい段階に移行する準備をしているのかもしれません。

ところで、最新の脳科学の本を読んでわかることは、「顕在意識ができることは、本当にやりたいことを決めるだけ。実際にどうやるかは、直観にまかせて行動しているうちに、潜在意識が勝手に調整して実現してくれる」ということです。 アニカを受けにきて、マスターコースまで参加する方々は、まさに「自分の問題を何とかする」という「本当にやりたいこと」があったからこそ、その問題を解決してくれるアニカというツールに出会ったのです。 そういう意味で、潜在意識は私たちがよい方向に進むための道しるべとして、ネガティブな感情を浮上させてきているのではないか、と私は考えています。
したがって、私たちが難しい状況を改善するためにやるべきことは、「この状況を何とかしたい」と本気で願うことです。逆からいえば、「自分はこの問題を何とかしなければどうにかなってしまう」というほど追い込まれているほど、問題解決に近いと考えられます。 「夜明け前が一番暗い」というのは、きっとそういうことなのですね。    

アニカをやるかどうかは、直観で決めるのが一番です。まずは対面でも遠隔でもいいから一度受けてみて、それから集中コースで自分がやる立場になって体験してみる、それでガツーンと来た人はマスターコースに行かざるをえなくなります。 なぜだかわからないけれど、受けたくなった、自分でもやりたくなった、という方は、その思いにしたがって素直に行動するだけで、どんどん道が開けてくるでしょう。

もうひとつ、アニカを受けた後でさまざまなネガティブが浮上してきて、そのネガティブをきれいに処理したくてたまらなくなる人は、ルーツ(先祖&過去世)からネガティブの掃除当番を任された人かもしれません。 ずっと以前から、ルーツのことを思って先祖供養などをしてきた方が、アニカのマスターコースに来ることが多くなっています。アニカでは、実際に彼らのネガティブを実感できるので、たいへんですがやりがいもあります。 ルーツは私たちの心のなかにいるので、彼らのネガティブがまるで現在生きている私たちに憑依して、私たちを衝動的な行動に駆り立て、不都合な経験を繰り返しているようなものです。彼らがいやされれば、もちろん私たちもいやされて、私たちが経験する現実が変わるのです。

ということで、長々と書いてきましたが、ぜひ直観で、あなたとあなたの家族のために、アニカを学びに来てください。 お申し込み、お問い合わせはフォームからお願いいたします。