地球での再会

私たち人間は、身体の構造は同じものの、心の中身はひとりひとりまったく異なります。その違いは、「同じ人間という種なのに、これほどの大きな差があるのか!」と絶句するような違いです。

その違いはどこからきているかというと、ひとりひとりの経験によるものではないかと考えています。アニカでは、「地球というのは転生システムである」と考えているので、経験は今生生まれてから現在までのものだけではありません。いったいいくつあるかわからないほどの膨大な数の過去世を生きているので、その経験の記憶も膨大なものになるのでしょう。

 

そうした経験のなかでも、非常に大きなウェイトを占めるのは、おそらく家族との関係です。アニカを続けてきて痛感するのは、「家族になるほどの縁」というのはとても濃いもので、過去世においては愛し合ったりするだけではなく、加害者になったり被害者になったり、やったりやられたり、といったことを数限りなく繰り返したがゆえに、今生、また家族になった、と言ってもいいぐらいです。

特に家族関係で大きな問題を抱えている方は、過去世における家族とのかかわりを見直して、そこに潜んでいるネガティブな感情の記憶をクリーニングすると、劇的に家族関係が改善します。これをアニカでは「因縁過去世の浄化」と呼んでいます。こじれてしまった家族関係は、因縁過去世におけるこじれた人間関係によるものであることがほとんどです。

 

以前から気づいていたのですが、アニカに来る人、特にコースに来る人は、過去世において私たちと何らかの関わりがあることが多く、それがはっきりわかる人もいます。本にも書きましたが、そのもとは宇宙にいたときの過去世にまでさかのぼるものもあり、私たちが宇宙人であったとき(今でも宇宙人ですが(笑))、そこで協調して活動していた宇宙人たちが、現在の地球が非常におもしろい時代に入ることを予期して、いっしょに地球に転生してよりよい社会を作っていこう、ということがあった、という人もいます。

アニカにおいては、過去世を思い出す、というのがひとつのテーマでもあります。そこでさんざん暴力的な戦争を経験したり、家族間でいさかいを起こしたり、加害者、被害者の経験を繰り返したりしたあげく、最終的に「こんなことをいつまでやっていても仕方がないから、もう争いはやめよう」と悟ることが、アニカのゴールでもあります。

 

アニカに触れることで、過去の悲惨な歴史に終止符を打ち、これからの人生を穏やかに幸せに暮らしていく道を見つけることができるでしょう。

あなたとの地球での再会(リユニオン)を楽しみにしています。