アニカ いやしの技術

本来もっている「感じる」能力で、悩みの原因を引き出す ネガティブな感情をクリーニングする 本当のあなたを見つけ出し、あなたらしい人生を送る

アニカを体験した人が感じたこと

アニカを体験した人

体験談の続きはこちら

私とアニカの出会い

瀧上康一郎はじめまして。瀧上康一郎です。私がアニカと出会ったのは2011年の秋。ある瞑想合宿に参加した直後のことです。

私が人の身体に触れて瞑想すると、その人の心の悩みが消えてしまう・・・自分に不思議な力が身についていることに気がついたのです。しかもその能力は施術を受けた人にも伝わるようで、少しトレーニングするだけで誰もが簡単にできるようになっていました。

私はその不思議な力に「アニカ」という名前をつけました。
アニカとは初期仏教のパーリ語経典にあるanicca(アニッチャ「無常」の意)という言葉に由来します。
当時、正式な読み方を知らなかった私はaniccaを「アニカ」と読んでいたので、そのままヒーリングの名前にすることにしました。

私はこれまで数百人に施術をおこなってきましたが、効果は施術後からあらわれ、時間が経過するごとに効果がさらに深まることもあります。さらに、施術の効果がもとに戻ることはありません。

そして施術をおこなっていくうちに、相手の身体に直接、手を触れなくても効果があることがわかり、今では遠隔でのアニカもおこなっています。

アニカはネガティブな感情を心から消すことができます。ぜひこの新しいいやしの技術である「アニカ」を活用し、あなたらしい充実した人生を送ってください!

なぜ、悩みが消えてしまうのか?

寝ているだけで心の問題が解消できます。アニカは誰もが持っている「感じる」という能力を活用した日本発のいやしの技術です。
アニカはカウンセリングのように自分の問題を話したりする必要はなく、寝ているだけで心の問題が解消できます。

そのため、自分の問題を説明したり、知られたくないことも言わなければならないといったストレスは全くありません。しかし、アニカは超能力ではないので、クライアントが話したくない情報を知ることはできません。プライバシーは守られます。

アニカは、悩みのもととなっている無価値観、罪悪感、恨み、妬み、怒り、悲しみ、さびしさ、恐怖などのネガティブな感情の原因を探っていきます。

ネガティブな感情は、その人が生まれてから経験したことによって生じたものばかりではありません。その人に縁がある人、たとえば親、祖父母など、家族や先祖の感情の記憶につながってネガティブな感情を潜在意識にとり込んでしまったり、過去世での経験から生じたネガティブな感情につながって苦しい思いをしていることとも少なくありません。

本当の自分になるためには、心の中にあるあなたのものではない感情に気づかなければなりません。アニカは、自分では気づくことができない感情に気づき、取り除くことができるので、本来のあなたを取り戻し、あなたらしく生きていくことができるようになるのです。

あなたの中に、ネガティブな感情がわき起こっていませんか?

私たちは人生の中でさまざまな「不都合」を経験しています。

次のような効果があります

アニカの効果にはもちろん個人差はありますが、今までにたとえばこのような効果があらわれています。

精神的な効果

身体的な効果

その他

わずか1回のセッションで、これらの効果を実感した方たちもおり、嬉しいお声をたくさんいただいています。

たとえば、子育てに悩んでいたSさん(女性)の場合…

「顕在意識」と「潜在意識」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。顕在意識とは、日常的な意識であり、潜在意識とはあなたが理性でコントロールできない心の見えない部分のことです。

前述した“自分が知らない自分”はこの潜在意識の中にいます。これから先、二度と不都合が起きないようにするためには、潜在意識の中身を変えなければいけません。

Sさんは、子どもに甘えられるのがイヤで、すぐに怒りが表に出てくる自分がいたと言います。

そんなSさんは、アニカマスターコースを受講することに。コース受講中に出てきたのは祖父と祖父の母(曾祖母)。祖父は養子に出されたことで母に捨てられたと思いこみ、ずっと恨んできましたが、祖父の母は事情があってそうしたようで、子どもたちを存分に甘えさせてあげられない罪悪感や怒りがあったのだそう。

アニカをおこなうことにより、その罪悪感や怒りの感情が何世代にもわたってSさんのところにやってきていたことが分かりました。

Sさんは、その感情をアニカで感じたことで、ようやくきちんと子どもを愛することができるようになったと言っています。

「今までは子どもに甘えられるのがイヤですぐに怒りが面に出てきていたのですが、昨晩帰ってからは子どもがかわいくてかわいくて仕方がなくなり、一緒にベッタリとくっついて眠りました」

この報告の1ヶ月後、Sさんに子どもへの感情に変化はないか聞いてみたところ「相変わらず甘えられてもかわいい」ということでした。潜在意識から取り除かれた感情の記憶は、もう戻ってくることはありません。

知らないうちに、ネガティブな感情を受け継いでいる

Sさんは今回「子どもを愛せない自分」がいることに初めて気づいたと言っています。潜在意識のなかに実際にどのような感情があるのか、自分で気づくのは難しいのです。

私たちが感情の記憶を持つにいたる原因は2つあります。

原因は2つ

②の場合、コピー元の代表は家族、特に「親」です。私たちは幼少期に親と一緒に生活することで、親の「世界とはこういうものである」という世界観を、いつの間にか無意識のうちに潜在意識にコピーしてしまっています。

さらに親より前の世代の感情の記憶ともつながって、さまざまな影響を受けている可能性があります。先祖代々にわたってネガティブな感情を受け継いでいるといってもいいでしょう。

ときには、親の姿を見て反発することもあるでしょう。しかし、いくら頭で反発しても親の信念体系は潜在意識に深く刷り込まれていきます。私たちは親がつくり出した世界を継承して生きているといえます。

それは、私たちが過去の世界に縛られていることを意味するのです。

思い込みを手放しませんか?

もちろん、仲のいい両親や誇りをもって仕事をしている親などから、ポジティブな学びを得ることもあります。しかし、私たちが気づかないうちに親(先祖)や過去世に縛られているとしたら・・・

“本来のあなた”を生きることができない苦しい人生になってしまいます。本来のあなたとは、理屈からいえば、自分自身も含め、他者からの固定的な価値判断や思い込みから逃れたあるがままの自分のこと。

しかし、自分に対する思い込みをやめることは簡単なことではありません。

なぜなら、その価値判断や思い込みは、長い時間をかけて創られてきたものだからです。こどもの頃に親から「おまえは能力がない」と言われ続けた人は、その思い込みからなかなか抜け出すことができません。

それでは、そうした価値判断や思い込みをやめるにはどうしたらいいのでしょう?それは、考えることをやめて、ただ感じればいいのです。

アニカの基本は、他人の観点から自己を観察し、感じること。1人で行う瞑想とちがうのは、2人でおこなうことで自分の心を見る別の観点を得られることです。自分がおかしなことをしていてもなかなか気づくことができませんが、他人がしているおかしなことはすぐに分かります。

自分が「世界とはこういうもの」と本気で信じ込んでいる思い込みの世界も、他人から見るとまるでハリボテのように根拠のないものだったりするのです。

そうした思い込みに気づくことができれば、自分をしばっていた思い込みの世界も自動的に崩壊し、本来の自分の世界を自由に生きることができます。

アニカの3つの特色

1.寝ているだけで心の悩みが消える

2.話したくないことを話さなくてもよい

3.一度改善された現象はもとに戻らない

西洋的なセラピーとの違い

アニカをしているとき、セラピストもクライアントも何が起こっているか分からない場合があります。

それは、アニカが潜在意識にある情報をクリーニングしているからです。

何が起こっているか分からないまま、潜在意識にまかせて処理を進める方法はきわめて東洋的な手法といえます。

西洋的なセラピーでは、クライアントの潜在意識に隠された信念を言語化することにより、意識にあげて処理するものが多いのですが、その手法にはいくつか問題があります。

西洋的なセラピーとの違い

これに対して、アニカのように言葉を使わずに潜在意識に直接はたらきかける手法は、原因を意識にあげないまま処理するので、短時間で深く、広範囲に心をクリーニングすることができるのです。

まずは、アニカを受けてみませんか?

アニカを受ける方法は、対面でおこなう「体感アニカ」と、遠隔でおこなう「ルーツアニカ」の2種類があります。

アニカを受けることで変わること

アニカは、心のなかから必要のないネガティブな感情を取り除いていきますが、そうやって心をきれいに掃除していくうちに、あなたは徐々に本来の自分を取り戻していきます。

私たちが生きていくときに感じる苦しみは、もともと自分のものではない、他人が作った基準や価値観に自分を無理に押し込めることにより生じたものです。なぜそのようなことをしてしまうかというと、過去に生きた縁ある人たち(先祖、過去世)もまた同じように「本来の自分を生きることができなかった苦しみ」を経験しており、私たちはその苦しみの記憶につながってしまっているのです。

その苦しみの記憶によって、私たちは心に、まるでトゲがささってるような痛みを感じます。それは、自分らしく生きられない苦しみです。

アニカによって、先祖や過去世の苦しみを処理することは、そうした心に刺さったトゲを抜くような効果があります。自分の心から自分のものではない感情を取り除いていくことにより、私たちは過去から解放されて、より自分らしく生きることができるようになります。

「本来の自分に還る」とは、自分の純度が100%に近づいていくことです。そこには何の無理も緊張もありません。罪悪感なく自分らしくいられることほど、気持ちよく、楽なことはありません。不思議なことに、周囲の人たちも、自分らしく生きるあなたを受け入れてくれるようになります。

アニカを受けることの先には、そんな「安心して生きられる人生」が待っているのです。

あなたもいやしの技術を学んでみませんか?

アニカを一度受けると、アニカする能力は伝授されます。後は「感じる」能力を深めるトレーニングをすることで、誰でも家族や友人など、周囲の人たちをいやすことができるようになります。

アニカで心の掃除をすることにより、より深く自分をいやし、家族や友人もいやしたい、そのような方のために、いやしの技術アニカを学ぶコース、「アニカ・アートオブヒーリング(R)マスターコース(以下、マスターコース)」があります。
マスターコースとは、本来の自分を取り戻し、人生を自分らしく生きるためのいやしのコースです。

アニカを使って心の中にいる傷ついた先祖や過去世、インナーチャイルドをいやし浄化することにより、過去のしがらみを手放し、今生で本当にやりたいこと、やるべきことを実現できるようになります。

他人をいやすにはまず自分がいやされていなければなりません。

アニカでは、何よりもまず自分をいやして、自分らしい人生を送ることを最優先にしています。アニカは自分も他人も深くいやすことが可能です。自分自身が楽に生きることができるようになるとともに、大切な家族が安らかな気持ちで暮らせるように、という思いでマスターコースに参加する方が多くいらっしゃいます。

マスターコースでは、アニカグランドマスタートレーナーである瀧上康一郎が直接ヒーリングワークを伝授します。瞑想、ベーシック、アドバンスの3部構成で、全14日間のコースを7ヶ月かけて学んでいきます。

マスターコースの詳細はこちら

アニカセラピストの

アニカセラピスト 谷津絵美子

アニカを受ける前

子育てで最もきつかったのは、自分でも持て余している強烈な怒りのエネルギーが、しばしば子どもたちに向いてしまうことでした。

仕事で忙しくて家にはあまりいない夫よりも、怒りの矛先を向けられていたのは子どもたちだったと思います。子どもらしいわがままで泣いている我が子を、本気で蹴飛ばしたときの子どもの顔は今も忘れられません。

私には3人の子どもがいますが、一番ひどかったのは次女が3歳、長男が1歳のころでした。怒る理由を見つけては次女を叱責し、叩いたり、クローゼットに閉じ込めたり、小さく柔らかな息子の頬を力いっぱい平手打ちしたこともありました。

本当は怒られる理由も何もないのに、子どもは「自分が悪かった」と思って謝ります。謝るべきだったのは、私の方でした。当時は「こんなにも愛しく思っている我が子にどうして憎悪が湧くのだろう」ととても苦しんでいました。

次女を出産後、子宮が痛むので、自分が豹変して怒りだすのは排卵日だということが分かりました。医学的にはなにも問題がないのに、子宮が痛くなることがよくありました。

アニカ・マスターコースを受講してからの変化

こーいちろーさんはまず、子宮に遠隔アニカをしてくださいました。とても痛くてつらく、と同時に、苦しいけれど痛みを手放すのを拒否している自分を感じたような気もしました。

そして次の排卵日のこと。朝から陣痛を思い出すような激痛が走り、あまりの痛みでおう吐、さらに発熱もしましたが、心はいつになく穏やかでした。

つらかったことを思い起こし、こーいちろーさんにメールで相談させていただくことにしました。心の奥に取り残された痛みをひとつひとつ思い出して文章にする作業は、つらいというよりもなんだかとても嬉しくて、やっとこの苦しさを聞いてもらえる時がきた、と私の子宮が喜んでいるようでした。

マスターコースに通い始めて4日目、こーいちろーさんが子宮に対面アニカをしてくださいました。アニカを受けながら、私だけの苦しみじゃないと感じましたが、母も難産でしたし、祖母も出産ではとてもつらい思いをしていたようです。

そしてその日、私が子宮にアニカを受けていることを知らない母も、普段はそんなことないのに珍しく子宮が痛くて、不思議に思っていたと帰ってから聞きました。

その後、私の子宮にあるものが母や祖母に関係しているということで、母と祖母にも遠隔アニカをしてもらいましたが、怒り・罪悪感・怖れ・不安などいろいろあったそうです。

そして驚いたことに、遠隔後、私の怒りはウソのようになくなってしまいました。子どもが騒いでも失敗をしても、イライラすることもなく一緒に笑っている自分がいて、怒りが湧いてこない子育てはこんなに楽なものなのかと、びっくりしています。

子どもたちは私が怒らなくなったことを何より喜んでいて、夜には「今日も1回も怒られずに1日が終わったね」と姉弟で話しています。

ちなみに私には姉がいますが、母への遠隔アニカ後に姉も変化を感じ、それまで悩んできた家族に対して、初めて感謝の思いが湧いたそうです。

子どものありのままを受け入れるためには、私にはまだクリアしたい課題がありますが、きっとうまくいくと思っています。毎日、何度も「大好き!」と言ってくれる子どもたちを抱きしめて「ママも大好きだよ!」と心から言える喜びを味わうことができて、今はとても幸せを感じています。

セラピスト一覧はこちら

パリでのワークショップ

フランス・パリにてアニカのワークショップを2015年におこないました。言葉を使わないアニカを外国人がどのように感じたのか?その感想を動画におさめていますので、ご覧ください。

よくある質問にお答えします

アニカとは何ですか?
瞑想をベースにした日本発のいやしの技術です。潜在意識のなかにあるネガティブな感情の記憶を消去することにより、心を浄化し、現実に経験している不都合をなくすことができます。対面アニカでは、セラピストがクライアントの身体に手を置いて施術します。遠隔アニカ(ルーツアニカ)では、セラピストは遠方のクライアントのルーツ(先祖・過去世)を浄化します。言葉を使わず、ただ感じるだけで心をクリーニングすることができます。
誰にでも効果はありますか?
効果の感じ方には個人差があります。心が落ち着く、気分が晴れるなどの精神的な効果や、顔の表情が変わる、肌がキレイになるといった身体的な効果のほかにも、自然と都合のいいことが起こるなど、さまざまな効果があります。自分の変化を実感できないという方もいらっしゃいますが、数週間経ってから気づいたり、周囲の人たちから変化を指摘される場合もあります。
マスターコース以外にアニカを学べるコースはありますか?
アニカを受けた次のステップとして(受けていなくても参加可能)、4時間でアニカができるようになる4時間集中コースがあります。4時間集中コースでは、①観察瞑想、②アニカを受ける、③アニカをやってみる、の3つの実践を通して、対面アニカの基礎の基礎を身につけることができます。4時間集中コースは、マスターコースの前半部分である瞑想、ベーシックのエッセンスを体験できるので、マスターコースに興味のある方にもお勧めです。日程は、メルマガやお知らせで告知します。受講料は2万5千円です。

最後に

それによって、過去のしがらみに縛られて衝動的に生きてきた人生を変化させ、自分より他人や社会の基準を優先してきた苦しい人生を終わらせて、自分らしい人生を落ち着いて生きることができるようになるのです。

そのためには、あなたがこれまで無視し続けてきた「自分が本当に感じていること」をよく感じ、尊重する必要があります。自分が感じていることを尊重することは、自分を尊重することにつながるからです。

本当の自分につながり、本来の自分に還ることにより、あなたは安心して自分の能力を発揮できるようになります。もちろん、家族や友人など周囲の人たちにもよい影響を与えることができるようになるでしょう。

あなたが自分らしい素晴らしい人生を送れるようにお手伝いできることを光栄に思います。

アニカ創始者/グランドマスタートレーナー瀧上 康一郎

セラピスト一覧はこちら

お申し込みはこちら

マスターコースの詳細はこちら