アニカUNDER25割引始めます

猛暑の日々が続きますね。熱中症にはご注意ください!


さて、最近、小学生のお子さんや20代前半の若い人たちにアニカをする機会があったのですが、彼らと接してみて思うのは、もう私たち大人世代の感覚とはまったく違う感覚で生きているな~、ということです。

どこで線を引いていいのかちょっと迷いますが、たとえば20世紀の終わりに30歳を越えていた人たちの間では、まだ外の世界に常識のような「正しいこと」があり、その「正しいこと」に従うことが善で、それ以外は悪、という感覚が残っているかもしれません。

でも、現在25歳以下の人たちは、「正しいこと」は自分が勝手に決めてよい、それはわがままでも何でもない、ということが感覚的にわかっている気がします。


しかしそこは世の常として、親子の世代間断絶というものがあり、親は自分が生きてきた確固とした世界観があり、良くも悪くも自分が生きてきたあり方こそがこの世界の真実だと信じ込んでいますから、子どもたちはその世界観を無理やり押しつけられて苦しむ、という構図が今だに存在し続けているでしょう。

たとえば、親に「正社員として就職する」ことへのこだわりがあるとしたら、それは誰もが同じことをがんばりさえすれば右肩上がりでリターンが得られた20世紀後半の高度成長期に成立しえた信念だったでしょうが、2018年現在の環境においてはまったく実効性のない妄想であることに気づかないまま子どもに押しつけているのは、相当マズい事態と思われます。

親の方に、早く子どもに独り立ちしてほしい、という希望があるのでしょうが、学校の宿題をやっていれば安心、よりよい大学、会社に入れれば万事安泰、という態度でこれまで子どもに接してきたのであれば、子どもは行き場を失ってしまうでしょう。


今の時代に親が子どもにしてあげられることは、その子が本当は何をしたいのか、子どもが自由に考えられるような環境を提供してあげることだと思います。そのためには、親が「本当にしたいこと」をやって生きているか?ということが強く問われるのです。

そうでないと、仕事は「ただ生活費を稼ぐための苦しい活動」に成り下がってしまうでしょう。


いずれにせよ、ものすごい才能をもって生まれてきた子どもの可能性を片っ端からつぶしているのはそうした親の固定的な考え方なのです。

本来であれば、親が自分の心のなかにあるネガティブに気づき、それを掃除することによって子どもを解放するのが筋ですが、子どもが社会で経験する苦しみが自分(およびルーツ)の責任だと思ってもみない親も少なくないでしょう。

そこで、子どもが自ら自分の心を掃除して本当に自分がやりたいことを見つけ、人生においてそれを実現するお手伝いをしたいと思いました。

ぶっちゃけ、私が自分の心を掃除して本当にやりたいことができるようになるまで半世紀以上かかりました(汗)。もっと若いときにこうした技術に出会っていたら、私の人生は相当変わっていたことでしょう。


本当にささやかですが、25歳以下の人たちにアニカを割引価格で受けていただけるようにします。

25歳以下の方には、対面・遠隔アニカの料金を以下のようにさせていただきます。

瀧上康一郎:29,800円→19,800円
谷津絵美子:24,800円→17,800円

お申し込みの際に、年齢が確認できる書類などの写メなどを添付してinfo@anica-healing.co.jpまでお送りください。


特に期間は設けませんので、ぜひアニカUNDER25割引きを利用して、自分のやりたい人生を実現していただけたら、と思います。

よろしくお願いいたします。


アニカ創始者・グランドマスタートレーナー
瀧上康一郎

アニカ・マスターセラピスト
谷津絵美子