生きづらい世界から脱出する方法

この世界が
何とも生きづらいと感じている方は
少なくないと思います。


今日は、そんな
「生きづらい世界」から
脱出する方法を
考えてみたいと思います。

 

私たちは子供のころから

「よく考えて行動しなさい」

と教育されてきましたが、この
「よく考える」ということ自体に
かなりあいまいなところがあって、

日本人の場合、

「よく考える」=
「論理的に考える」

というよりも、

「よく考える」=
「周囲の人たちの考えを察する」

という意味ではないか、
と思われることさえあります。

 

「周囲の人たちの考え」と
「自分の思い」が対立するときに

「自分の思い」より
「周囲の人たち考え」を優先すべき、
と信じているとしたら、

それが自分の我慢となり、
苦しみとなるのは明らかですが、

日本人の社会では
そういうことが期待されている、
と感じている人も少なくないでしょう。


要するに、私たちにとって
「考えてばかり」の内容は、
「周囲の人たちが自分に
どうしてほしいか?」
ばかりではないかと思うのです。

そんなことばかり考えていては、
苦しくなるのも当たり前では
ないでしょうか。

 

それに対して「感じる」
というのはどういうことでしょうか?

アニカで「感じる」のは、
自分と相手を分け隔てなく
ひとつのまとまりとして
その全体を感じることですから、
もちろん相手のことも感じますが、

自分がどうしたいのか、
どうしたくないのかを
感じることでもあります。


よく「自分が何をしたいのか
わからない」という話を聞きますが、
それは

「周囲の人たち(=社会)が
自分にどうしてほしいのか」

ばかり考えて、

「自分が何をどうしたいか」

をまるで無視してきたから
ではないかと思うのです。

 

実は、「周囲の人たち(=社会)が
自分にどうしてほしいのか」を
考え続けているうちに、
自分の心のなかに

「自分は(周囲の人たちのために)
どう生きるべきか」

という思い込み(幻想)の世界が
確立されてきます。


生きるのが苦しいのは、
この他人優先の思い込みの世界と
本当の自分の気持ち(=本音)が
せめぎ合っているからでしょう。


こうした状態から、今一度、
本当の自分の気持ちを感じて
尊重しようとするのが
アニカで「感じる」ということなのです。

 

この思い込みの世界から
抜け出すには、まずは
自分が自ら作り出した
思い込みの世界に囚われている
ことに気づいて、その外側に
出なければなりません。

そのことに気づくには、
いくら考えてもダメで、
自分を感じることにより
自分が自動的に考えている
思い込みに気づく必要があります。


これ自体が観察の瞑想
そのものですが、
アニカはそこに他人の観点を
導入している(第三者の目で
自分を客観的に見る)のですから、

さらに強力に自分が
思い込みの世界に
生きていることに
気づくことができる
(はず)なのです。


もしアニカをいくらやっても、
自分が思い込みの世界に
生きていることに気づかない
(=ネガティブ処理が進まない)
のであれば、
それは考えてばかりで
本当に感じることが
できていないからでしょう。


セラピスト一覧はこちら

マスターコースの詳細はこちら