わからない理由

言葉でいくら説明してもわかってもらえないことがあります。その一番の理由は「人の言うことを聞きたくないから」(あちゃー)。

人の言うことを聞けない、理解しようとしないのは、相当な問題です。

それはきっと理解力の問題ではなく、「人の言うことを聞きたくない」という感情的な問題があるからでしょう。

そういう場合はどうしたらいいかというと(本当は川辺で馬に水を飲ませることができないように、どうしようもないことなのですが)、その感情的な問題を(アニカで感じて)取り除いてあげることです。でも、それは(頑固なルーツがへばりついていて)なかなか難しいことが多いです。

アニカで言う「ネガティブが取れない三重苦」とは、

・人の言うことに聞く耳もたない頑固さ
・「自分が一番つらい目に合っている」という病気自慢的な重度の被害者意識
・「自分のつらさなど他人にわかるはずがない」という傲慢な態度

です。

こういうルーツがへばりついていると、なかなか前進することができません。

何をもってしても、人の気持ちを都合のよいように変えることはできないのです。

人は自分で気づくことで、初めて変わることができます。

アニカができるのは、気づきのお手伝いをほんのちょっとすることぐらいです。

後は自分で気づいて変わっていくしかありません(もしよい方向に変わりたければ)。